Pages

3月3日 解体工事

朝、家具や備品が仮の店舗に移されていました。車に積まれた廃品の中に改修後に使用する予定だった木製の机が解体されてありました。

仮店舗

搬出後は内装の解体です。プリント合板を撤去すると新築時の杉板や木製の窓がそこに残っていました。廃材を出したくない施工業者は既存を残したままその上に仕上げを施工することもあります。

壁面(北側)

壁面(南側)

煤や油で汚れた四枚の障子、日差しが差し込むガラスを見ると、ここを壁で塞ぐふさぐ計画を変えて、どうすべきか様子を見ることにしました。

窓ガラス